お問い合せ(24時間対応)弁護士が常時チェックしています。 

TEL:03-6435-9560(平日休日問わず9時から21時まで対応)
留守電対応の場合も,出来るだけ早く折り返します。
犯罪の疑いをかけられ,追及されている方はこちら(刑事弁護士.jp)

交通事故の被害について

自動車の運転において,運転者として持つべき注意義務を怠り,他人を怪我させたり,あるいは死亡させたりすると,自動車運転過失傷害・同過失致死罪として処罰されます。

交通事故により,他人に怪我をさせ,あるいは死亡させた場合は,昨今の厳罰化により,現在では,7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処せられるとされています。

また,無謀運転などの場合には,危険運転致死傷罪として,死亡の場合は1年以上の上限20年までの懲役に,死亡ではなくて傷害にとどまった場合には,最高15年の懲役に処せられるとされています。

交通事故被害のポイント

交通事故については,犯罪被害者参加が可能な場合があります。

交通事故の事案においては,多くの場合,保険が付されており,そこからの支払により,金銭上の被害回復が図れることになります。

ですから,犯罪被害者として法廷に参加する場合には,果たして,少しでも重い処罰を求めるのか,それとも,少しでも多くの金銭を支払ってもらって,被害回復を図るべきなのか,その点について,事前によく検討して準備をする必要があります。

交通事故の刑事裁判が,民事にどのような影響を与えるのか,特に,交通事故においては民事の争いにおいて,刑事事件の証拠が利用されるケースが多いため,その点も考慮して対応することが重要です。