お問い合せ(24時間対応)弁護士が常時チェックしています。 

TEL:03-6435-9560(平日休日問わず9時から21時まで対応)
留守電対応の場合も,出来るだけ早く折り返します。
犯罪の疑いをかけられ,追及されている方はこちら(刑事弁護士.jp)

盗撮・痴漢の被害について

盗撮も痴漢も,刑法には定めがなく,各都道府県の条例で犯罪として定められています。

ここでは,東京都の例を挙げますが,他の地方でも概ね同様の規定が定められています。

東京都には「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」というものが定められており,これにより,盗撮と痴漢が処罰されることとなっております。

東京都の場合,痴漢については6月以下の懲役又は50万円以下の罰金とされており,盗撮については,1年以下の懲役又は100万円以下の罰金とされています。

常習の場合は,更に重たい刑が定められています。

痴漢・盗撮被害のポイント

痴漢も盗撮も,性犯罪としての側面があり,その被害の程度,特に精神的衝撃は大きいものがあります。

ですから,被害者の事情聴取,特に未成年の場合には,慎重な配慮が求められるべきです。

加害者に対して相応の責任を求めるだけではなく,捜査機関に対しても,一定の要請が必要になることもあります。

また,この種の犯罪は,示談が非常に重要になりますので,加害者の弁護人から示談の申入れが為されることもしばしばあります。

その場合は,金銭についての取り決めはもちろんですが,電車内の犯行の場合は,利用するルートの変更や,盗撮データの処分などを求めることも重要です。