お問い合せ(24時間対応)弁護士が常時チェックしています。 

TEL:03-6435-9560(平日休日問わず9時から21時まで対応)
留守電対応の場合も,出来るだけ早く折り返します。
犯罪の疑いをかけられ,追及されている方はこちら(刑事弁護士.jp)

犯罪被害.jp で取り扱う事件・手続について

犯罪被害.jpでは,犯罪の被害に対して,捜査機関から加害者対応,そして民事と刑事の法廷対応までを取り扱っています。

法律上,どのような事件であっても,犯罪被害者がとる事の出来る法律上の手段は,基本的には共通しています。例えば,捜査機関へは,被害届や告訴,加害者には賠償請求,また,重罪については刑事裁判上で損害賠償命令を求めたり,被害者として意見を述べたりすることが出来ます。

しかし,いろいろな手続があるからといって,むやみやたらと使えば良い,というわけではありません。そこで,犯罪被害.jp では,ご相談の上,事件の種類と内容,相手方の属性,現状,そして犯罪被害者の方本人の意見も踏まえて,最適な手続きを提案致します。

ここでは,犯罪被害.jp で承っている,犯罪被害者の方のための手続きについて解説します。