お問い合せ(24時間対応)弁護士が常時チェックしています。 

TEL:03-6435-9560(平日休日問わず9時から21時まで対応)
留守電対応の場合も,出来るだけ早く折り返します。
犯罪の疑いをかけられ,追及されている方はこちら(刑事弁護士.jp)

刑事告訴とは

告訴という言葉は,一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

法律上は,刑事告訴ではなく,単に「告訴」といいますが,刑事手続ということを明らかにするために,刑事告訴という言い方もよくあるようです。

ただ,民事告訴,という言葉はありませんので,ここでは,単に「告訴」と呼ぶことにします。

告訴とは,捜査機関に対し,犯罪被害を申告し,加害者の処分を求める意思表示をいいます。書面でも口頭でもかまいませんが,口頭でした場合,捜査機関は調書を作成するべきとされています。

被害届と告訴の違い

被害届と告訴の違いは,加害者の処罰を求めるかどうか,にあります。

また,告訴は刑事訴訟法上の定めがある正式な手続きですが,被害届については,同法に規定がありません。

ただ,被害を届ける人は,ほとんどの場合は犯人を処罰して欲しいと望んでいるのが通常でしょうから,法律上はともかく,事実上の認識はほとんどかわらないのではないか,と考えられます。

告訴の効果

捜査機関は,口頭で告訴があったときは,調書を作成しなければなりません。

また,告訴に対しては,法律上は,これを受け取ったときは検察官に証拠を送らなければならないとされています。

更に,親告罪といって,告訴がなければ起訴が出来ない(裁判にかけられない,犯罪として処罰することができない,という意味です。)という犯罪もあります。この場合は,告訴が非常に重要な意味を持ちます。告訴と親告罪の関係については,該当ページをご覧下さい

告訴の重要性

告訴状を提出したからといっても,必ずしも警察が加害者を調べてくれるわけではなく,これは裁量に任されています。そうすると,被害届と告訴とはあまり違わないようにも思えますが,そうではありません。

実際上は,告訴というのはそれなりに重い手続であると考えられています。

警察に告訴状を提出しにいっても,ただちに受け取ってはもらえないことが多くあります。そして,証拠等から事件として「見込み」がある場合には,必要な資料の追加提出が求められることになります。こうした捜査機関との打ち合わせを重ねて,最終的に告訴状を受け取ってもらい,捜査をしてもらう,ということになります。

告訴状は,作って提出するだけで良い,というものではありません